読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MSN  「なぜ長寿企業には神棚があるのか?・・・」   (感想文)保坂範隆

MSN  「なぜ長寿企業には神棚があるのか?・・・」

 

(感想文)保坂範隆

 

 昭和の淞南男児の僕に言わせると、敬神崇祖 であるのみ。

 神社庁は、イザナギの血族の天照大御神を祀るが、
天皇家は文字を持たなかった、
古代中国の軍師の落ち武者にもありえない話で、
伝令文や密書や戦記日誌や暗号も使えないスキルの血族な、古代的にも風水の使い方や鏡の使い方も知らない矛盾だらけで、

古代中国文明圏を意味する「黄泉の国」を地獄だというが、
それは、彼らの先祖の犬を喰らう黄色い弥生人の体験でしかない。

 
その時代でも、広い意味で朝鮮系の在日コリアンも含め、
ロシア系の蒙古や帝政ロシアに追い出された縄文和人顔の白人種などもいる大和民族にとって、
イザナミという、古代の日本人を意味する縄文人種(イザナミ神)が、共通の先祖である。

 

 言っちゃなんだが、天皇家の先祖を祀る「神宮のある都道府県」は、伊勢の三重県を含め、
毎年、全国共通でパッパラパー学力テスト結果の都道府県しかない。


 企業の Made in Japan など、学力では説明の出来ない未来を発生させる知能は、
古代でも「黄泉の国」と友軍関係にあった、イザナミの国(日本列島・ニッポン人・縄文人種・O型の多い民族=B型やA型でも先祖は敬神崇祖でイザナミ血族) が持つものでもある。

 

 古代でも、朝鮮半島方面には、「万里の長城」を築城をし続けたが、日本へは金印を渡した。
 

 中世でも倭寇対策に勘合札貿易もした。

 
 

 企業が神棚を祀る理由は、多くのヒトに説明できなくとも、ラッコに石と貝を渡すと、DNAが知っていて、使いこなす。

 

 風水も同じで、天皇家は土人のように、占いや魔力を信じ、国を治めようとするが、ブッシュマン(コサインマン) に、160ml容器のコーラ瓶と同じである。

 中世のアフリカ系奴隷のアイヌ人を先住民にする書類に天皇の印を押すような行為も神とは言いにくい。
 
 元寇時代や江戸時代にも、自称「天孫降臨の神の血族」であるのに、家業の教団の「お家を守る」ために、必ず売国をするし、いつも、イザナギ系では「外人に勝てない」のが、イザナギ系であるために、
征夷大将軍という「イザナミの代役も必要」になった。
 
 
 イザナギが古代に、天津を追い出されたのも、まったく同じ動物の生態行動かもしれないが、「文字が無いので軍師ではない」 と思う。
 
 自衛官で言うならライセンスが何も無い3等陸士や3等海士であろう。
 そして、我先に三国志時代に逃げてきた。
 
 まるで、反日在日コリアン赤軍と同じで、祖国へは、「逃げてきた歴史」と、「遺伝的に勝てない生態関係」 であるが、
世話になっている日本人には、悪態や毒舌や暴力を振るう。
 
 古代の風水盤で、西国人を意味する蛇顔の、ヤマタノオロチの「首を刎ねたスサノオ」 も同じ。
 弥生遺跡には犬を喰った跡も、首を刎ねた跡も出土している。
 

 僕が、風水を見ただけで理解できたのもラッコと同じで、
古代からの敬神崇祖のままの、イザナミの子孫である、ホンモノの縄文人という先住民族だからでもある。

 


 僕も、ラッコが貝と石を見ただけで理解できるように風水を理解できた。

 この能力は、大和民族に共通する 遠い先祖のことを言う、敬神崇祖 な、イザナミの子孫を意味する。
 


 犬を喰らう黄色い弥生人血族の天皇家や、

天皇家の先祖の天津(現代ではアフリカ奴隷と混血をしB型が増え、アフリカ人の繁殖力で産児制限になり、アイヌと共通するアフリカの本能で汚染しまくるPM2.5の北京や天津)
 からやって来たイザナギ系には、
いくら考えても理解できない分野でもある。
 
 

 つまり、僕の人種がホンモノの、北海道近辺に広くいる、縄文系である先住民族の人種で、
風水で云う 「辰の方角の人種」 を意味する、

「ラーメンどんぶりのギョロ目の龍顔の人種」 であるから理解できたのである。

 
 古代から現代でも、龍は縁起物な存在でもある。


 風水は、古代中国人の縄文血族が作ったものである。
 

 あれ(風水)は、確かに 「国を治めるもの」 であるが、
天皇家や天照などのイザナギ系の神職が、古来から考えるような、「旧土人のように魔力」や、
北朝鮮オウム真理教や他のカルト宗教のように、他人を自分好みに自由に操るもの」ではなく、

 イザナミ血族の僕に言わせると、

 「民に安心感を与えるため」に、

「土地の境界」や、「各人種部族のいる方角」との、 「争い」をなくすための、

 

 現代日本でいるならば、国土地理院の使う、
「測量道具のような使い方」で、

それは、「民の流血」を減らし、
食糧を定住して自給するために必要な、

「平和を維持する道具」であるに過ぎない。

 

 神が魔力を使う思考は、悪魔の力を使うことであり、それは神のなす行為ではない似非神でもある。

 


 大和民族は、いろんな人相を持つ、いろんな人種が、イザナミという縄文人の先祖で共通し、和を維持する動物特有のフェロモンが和を保っている。

 

 企業が、神棚で、みなが和むのも、神の話を知らぬとも、集う人々から放出されるフェロモンが、
DNAに忘れているが 「心が覚えている遠い昔の共通の先祖」 を感じさせ、

同じフェロモンなので、争いたくなく、汚職を避け、「平和の維持に役立っている」 と僕は考える。

 


古代からの、風水方位盤は、単純な口伝地図でしかない。 祟りはない。 地図だぜw


 _____________

facebook_Noritaka Hosaka 当記事,

ミラーサイト Twitter https://twitter.com/OrionSeijin0155